拝啓 地球様。今日も日本は無事でした。

楽しいことだけを追求していきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

18Kの話~~メモ

K24(純金)=100%が金
金の純度を表示する方法として、24金を純金と定め、それに対する数字で金の純度を表します。
K24(24金)は、すなわち純金のことを示すのですが、海外ではスリーナイン(99.9%以上)、日本ではフォーナイン(99.99%以上)の純度を保った金をK24(純金)と表示してよいことになっています。

» K18=75%が金
純金(24金)に対し、ジュエリーに利用されるのに一般的なものがK18です。
18金とは、18金÷24金=0.75、つまり、75%が金で残りの25%が他の金属ということになります。出来るだけ金の純度を落とさずに、ジュエリーとして使用する必要な硬さを得るために、75%の金に25%の他の金属を混ぜて使うことが一般的です。
一般的には銀と銅を混ぜますが、その配合率によっても色が変わりますし、全体の75%が金であれば残りの25%は何の金属を混ぜても18金と表示してよいことになっています。

では、その配合によって色の異なるK18のいくつかをご紹介します。

» K18イエローゴールド
金75%+銅10~15%+シルバー15~10%の割合です。本当の純金はかなり黄色が強いので、イエローゴールドを純金と並べると銅が含まれる分、少し赤っぽく見えますが、日本人には昔から一番なじみのある金色です。

» K18ピンクゴールド
一般的な配合率は、金75%+銅19%+シルバー4%前後+パラジウム2%前後です。当店はこの配合の不思議のメダイ(ミニサイズ)をご用意しています。

» K18ホワイトゴールド
ニッケルによる金属アレルギー対策のため、最近国内で多く使われているホワイトゴールド。当店で扱う不思議のメダイ(ミニサイズ)の配合率は、金75%+シルバー12%+パラジウム6.5%+銅5.5%+アエン1%です。
表面を完全に白く見せるためと、変色するのを防止するために、ほとんどの場合、表面にロジウムメッキがかけられており、見た目上はプラチナとほとんど変わりません。

スポンサーサイト

映画 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。